薄毛の悩みを解決する植毛施術

すべての薄毛部分を1回の自毛植毛でカバー出来なかった際には1回目の術後、最低でも半年以上の期間を開けてから2回目の自毛植毛を受けるのが良いでしょう。 というのも、移植する毛髪を一度採取をすると自毛植毛では2回目以降の手術の際もおなじ場所からの移植毛髪を採取するのがスタンダードとされているからデス。

 

なぜかというと、同じ場所から1回目以降の手術でドナーを採取するという事は、傷跡をそれだけ1箇所に収めることができるからです。そのため、期間をある程度開けてから手術を受けることで2回目にかぎらず3回目や4回目と自毛植毛の希望時には繰返しドナーを採取し可能と植毛がなります。

 

自分のまず残っている髪の毛を採取して自毛植毛は薄毛部分に移植の手術です。 という事は、薄毛の部分に移植出来る量も残ってる髪の毛の量により限られてくるという事です。つまり採取毛髪の量には限りがあるため、1回の手術で全てを終える事がそれを超える量の移植が必要な場合、できないのです。
但し採集をドナーとしてできる量は、その人の毛髪密度と頭皮の伸縮性がどの程度かによってことなります。

 

限界が自毛植毛にはあります。
多少の期間を開けることで自毛植毛は、なんどか繰返し可能と手術がなりますがさすがに限界があり、何回となく自毛植毛を受けたとしても、場合によっては希望をするのみのボリュームを確保出来ないこともあるのです。

 

薄毛が進行をし、移植するグラフトの数が2000本以上ハゲの部分が広範囲だったりして必要になる場合、もしくは髪の毛を密度を濃くしたいときには1回の手術で自毛植毛を受けても全てを終える事はできません。